◆藍畑、開墾がはじまる


伊方町へ相談をし始めたのが2017年。

2018年夏ついに移住となり、その秋11月から藍畑の候補地探しがはじまりました。

 

半島は水不足に悩む土地です。

水が好きな藍にとって、天然水のとれる場所というのは大きなポイントでした。

 

候補地のひとつに川沿いの土地があり、

土壌との相性はわかりませんでしたが「水」という条件を優先してこの土地を初年度の開墾地に決定!

 

11月15日 大安の佳き日に藍畑を契約✨

総面積6反 、地道な開墾の日々がスタートします・・・

 

 

🌿🌿🌿開墾前の土地の様子🌿🌿🌿

 

 

さて、何からどこからはじめようか。。。💦💦💦

 

 

 

11月19日:いよいよ開墾はじまりはじまり!

なんとか車だけは入れるように、まずは畑沿いの道路をきれいに。

 

 

1日5m進む!   を目標に、

 

草刈り(草刈り機&カマ)→草を集めて脇にどける→根っこを掘る→小さな根や枝を掃除する→整地する

 

ただただこれを繰り返していきました。

道具は、電動草刈機、クワ、カマ、スコップ、これだけ。

何が必要かも、正直よく分からなかったのです💦

 

それでも1日5mの目標はなんなくクリアでき、3月の種まきまで逆算で計算して「間に合うね」と、マイペース。

10m進出。

 

 

一歩も入れなかった土地に、1日5mずつ侵略?していきます。

 

この土地は、以前、高茂牛を育てるための飼料トウモロコシを栽培していたそう。

草の下からでてきた土は真っ黒で、ふかふか。

牛ふんがたっぷり混ぜ込まれてあり、月日が経って腐葉土と混ざり豊かな土壌を作っていました。

 

カブトムシの大きな幼虫が、ごろんごろんと出てくる!

 

11月29日:毎日、どこまで進んだか記録しながら。

 

 

11月30日:作業に慣れてきました。30m以上進み、車を置いている場所(入り口)が随分遠くに感じるように。

 

 

12月7日 : ついに1列目を畑の奥まで到達✨ 奥行き60mほど。Uターンして2列目の開墾が始まる。

 

 

 

 

 

 

草の種がついたり、

不思議なイモを掘り上げたり、

 

畑で起きる出来事が

毎日楽しくて仕方ありませんでした。

 

12月8日: 地元の方々が手伝ってくださって。「クワとカマでやってるの!?」呆れ顔。。。💦💦

 

12月9日: さらに助っ人が増えます。

 

 

 

 

 

 

 

私たち以外の人に、

初めて畑を紹介できた、

 

耕運機も初体験。

 

思い出の2日間でした。

・・・つづく