手仕事復興支援 阿波藍振興活動


岡山に染め場を持ち、藍染復興のため全国へと飛び回る外山正さん。

外山さんのご実家は、日本ではもう5軒しか残っていない、貴重な「藍師」として、徳島で藍染の原料を生産されているお宅です。

外山さんは国の重要文化財に指定されている「藍師外山家」の16代目にあたり、染め師として、全国に藍染のお弟子さんを育てて来られました。その外山さんがアトリエFoo*waを訪ねてくださったのは2015年5月のことでした。

アトリエでは「藍染め 茶話会」を開き、藍染について地域の皆さんと本格的な知識を学ぶ機会を得ました。

 

そしてその夏、私たちは「藍染」に対して、自分たちが出来る事は何か、を何日も集まり、話し合った結果、

「藍染めドレス」の制作に挑戦することに致しました。

 

文化サロンとして、アパレル会社として、それぞれができることを考え、

日本の大事な伝統芸術である藍染をより身近なものに、同世代の人たちにとって新鮮なものにしたい。

そうすることで、少しでも多くの方々に藍染の魅力と神秘を伝えられたら…そう考えたのです。

 

岡山の染め場に、私たち自ら染めを教えていただきに伺い、

徳島「藍の館」の皆さんのご協力もいただいて、ひと夏をかけドレスは見事に完成しました。

蒼羽 網代羽衣


その秋、9月18日 日本デザイン協会ファッションショー(NHK大阪ホール)にて、ドレスを発表、

「NDK賞(日本デザイン協会賞)」を受賞致しました。

 

協力していただいた方々に、心より感謝しています。

ドレスはアトリエに展示しておりますので、お稽古やイベント等で通われる際に、どうぞ間近でご覧ください。

 

この後も、この活動を基に藍染と、これも神戸の文化を支えた重要な手仕事であるクチュール(仕立て文化、縫製技術)の世界を繋ぎ合わせるような活動を行ってまいります。どうぞご期待ください。

 

 

 

 

アトリエ Foo*wa ドレス制作スタッフ一同

クチュール・デザイナー 郭 春英

 

 


NEWS!

 

2016年10月〜、京都 平安神宮にお店を構える「みやこ衣装店」様と提携。

ウエディングドレスのひとつの選択肢として、「藍染ドレス」をご提案させていただくことになりました。

 

一生の思い出に残る結婚式。和装婚礼衣装に合わせて、日本の伝統文化である藍染によるドレスでお色直ししてみませんか。

 

 

カラードレス、ウエディングドレスのオーダーに関しても承ります。

お問い合わせください。

http://www.miyakoishou.com/gallery