2022明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。

 

ここ佐田岬半島はお天気よく、風もなく、大変静かで長閑で、あたたかいお正月でした。

 

今年の言葉は「漸進(ぜんしん)」です。一歩ずつ、着実に進む、という意。 康越_書

1月8日、3年目の藍畑の畑終いを完了させました。

藍の枯れ葉を集め、大きな草団子で草山を作り、火をつけます。※届出をして

ものの数分で藍は空に昇り、土へと還ります。

そうして畑一面は、またすっきりとした平地になり春の種まきを待つばかり。

 

この瞬間が、大晦日よりも紅白歌合戦よりも、我が家にとっては「1年が終わり新たな年になる」年越しを感じさせます。

農業は、毎年同じようでぜんぜん違い、季節に沿っていて風情があるものだなぁと3年目の畑終いを迎えてつくづく思いました。

 

何が何だか、藍という植物をまじまじと見るしかなかった1年目、

たくさんの虫にやられ、自然栽培の難しさを痛感した2年目、

ああしよう、こうしよう、工夫に富んだ3年目…豊作でした。

 

だからこそ、全てにおいて「着実に」。

何か作業を効率化しようとか、手を抜くための試行錯誤は必要ないと学びました。

農業において手を抜く創意を諦めた(笑)、そんな4年目の藍畑がスタートします。

 

書道も生け花も、同じです。

はじめから省けるところはなんてない。それを探すことを諦めて、ただただ手を動かしていたいと思う「漸進」です。

 

今年もたくさんの方々が、ここ佐田岬半島、岬藍ファームを訪れてくださることと思います。

中には嬉しい再会もたくさんあるかなと思います。

 

みなさまにとっても、健やかな1年となりますよう、心より新年の御慶びを申し上げます。

 

アトリエ風和 岬藍ファーム    康越   香珠   常葉

 


2022の門松やお正月花のいけこみの様子

大晦日まで作業は続きました💐💐💐✂️✂️✂️

続きを読む

2021_一花一葉 秋彩々

2021_一花一葉 秋彩々

 

初めての想花グループ展です。

私も久しぶりに神戸チームに合流し、佐田岬半島でとれた花材を運び入れ半島の大自然を表現してみました。

私たちにとっては思い出深い神戸ポートピアホテルで、また新たに大事な思い出と経験がひとつ増え、

とてもうれしく思っています。

 

お忙しい中、たくさんの方が会場に足を運んでくださいました。

みなさまにお会いできたことも、とても励みになりました。

本当にありがとうございました。

 

これからも日々のお稽古をしっかり重ねて、精進してまいります。香珠

いけこみ時の様子。

改装され狭くなってしまったギャラリー。

作業するにも工夫が必要でした。

クリスマス一色に彩られた神戸ポートピアホテル。

大変華やかな時期に、コロナの影響も弱まり、念願の華展を叶えることができました。席票は康越書。

娘にとっては初めての神戸。

得意のおそうじで参加しようとしています(笑)



 

■神戸ポートピアホテル ポートピアギャラリー

https://www.portopia.co.jp/palaisbianca/shop/gallery/

 

 

11/23(火:祝)〜28(日)

 

11:00〜18:00

※最終日は13:00まで

 

想花人グループ

広瀬香葉、柏木香珠、松井香翠、濱崎香桜

 

長いトンネルの先に、爽やかな秋の景色が広がりました。

異常気象やコロナのストレスから解放され、季節の恵みを肌で感じながら、いけ花に感謝の気持ちを託します。

 

想花人グループ代表 広瀬香葉


広瀬香葉

続きを読む

2021伊方町アフタヌーンティーイベント

2021_11月24日  伊方町 イベント アフタヌーンティー

会場設営と会場装花のお手伝いをさせていただきました。

 

午前の部50名、午後の部50名 のティータイム。

伊方町産のマーマレードを紹介するイベントだそうです。

 

 

テーブルセンターのイメージ

 

 

岬藍で染めた布地をテーブルセンターに使い、

宇和海の波を表現してみました。

生け花のイメージ


🔹岬藍のテーブル装飾

 

 

🔹会場装花_香珠

タウン情報まつやま2011/11特大号

伊方町のページで大〜きくとり上げていただいております。

コロナが収まり、みなさんのお出かけがもっともっと楽しくなるといいですね。

 

これからも収穫高を上げて、たくさん染められるようにがんばります。

みなさまとの出会いを楽しみにしております。

 

岬藍ファーム

伊方町ライフアップ講座11月・12月

伊方町主催 日々の暮らしをワンランクアップさせる、学びの講座、

「ライフアップ講座」が開催されます。

 

第4回は書道  康越 がゲスト講師として、みなさまと一緒に書道の楽しさを伝えます。

 

どうぞご参加ください。

尚、2022年、年明けの三崎地区書き初め講座もゲスト講師として参加を予定しております。

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

アトリエ風和 康越


 

 

次回予告>>>

 

ライフアップ講座 第5回

手作りのしめ縄で新年を迎えよう!

 

 

 

12月18日(土)

 

 

場所、時間は第4回と同じです。

アトリエ風和で毎年恒例、人気の講座です。

 

 

 

どうぞ楽しみにお待ちください。

 

 

アトリエ風和 康越・香珠

2021_秋の藍染体験_受け入れ開始!

今季は、多くのみなさまに藍染め体験にお越しいただき、誠にありがとうございます。

春先は大変な混雑でした💦💦💦

 

3年目の今年は、4月1日〜受け入れを開始したところ、

4月、5月、6月の1週目で早くも100名を越えるお客さまに体験にお越しいただきました。

その後も予約の加速が増して・・・6月中旬には受け入れストップをせざるをえなくなり、

楽しみにしてくださっていた方々には大変申し訳なく思っております。

 

 

大量のお預かり品の染め作業もあり、6月末ついに、2020版の染料が底をついてしまいました💧

 

2021版の藍は順調に収穫を進め🌿過去最も早く7月26日から新しいブルーが出始めました✨

春先からのお預かり品だけでも200点以上となりましたが、この夏の間、収穫&染めに邁進しております。

 

今季は収穫も過去最高記録を達成しそうです。

乾燥葉で100キロを越え、生葉では1.2トンを越える豊作で推移、

収穫はあと1、2回をのこすのみとなりました。

大勢の方にお手伝いいただきまして、本当にありがとうございました。

来夏まで染め続けることができるのではと期待しております。

 

2021春のお客様の染めの仕上がりは、ただいまお品にもよりますが平均半年ほどになってしまい、

ご理解いただき、長らくお待ちいただきまして誠に申し訳なく、また感謝の気持ちでいっぱいです。

 

次々に染料が完成していますので、お預かり品の染めの仕上がりは11月以降、少し早まっていくと予想しております。

どうぞお電話等でご相談くださいませ。

 

そして、10月1日より「染め体験の受け入れを開始」いたします。

これから雪が降るまでの間と思いますが、またどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

ご希望の方は、下記メールフォームより早めのご予約を🌿

 

初日は爽やかな秋空の下、団体さん17名が、元気に染めを体験されました✨

 

 

藍染についてお勉強

絞り体験ワークショップ


続きを読む

愛媛本2021_掲載されています

愛媛県観光物産協会、四国観光立県推進愛媛協議会 監修の「愛媛本」を

本屋さんで手に取られ、佐田岬半島を訪れる方々も多いようです。

 

南予、伊方町 のページ(P144)に、岬藍ファームも掲載されています🌿🌿🌿

 

無農薬、無肥料、自然栽培で育てているタデアイで、天然灰汁発酵藍染をしています。

 

 

あちこちのメディアを通してお話しさせていただいている通り、私たちは神戸で和文化サロンを営んでいました。

書道、いけばな、着付け、お茶会や、洋裁和裁など、和の手仕事を中心にお教室を運営していたのですが、

2015年から始めた藍染講座が大人気で、それを維持していくには全国的に染料が不足しており、

生徒さんたちの染めを十分に行えなくなってしまい、紆余曲折あった末に自分たちでタデアイの栽培から行うことになったのです。

 

ところが。

そうした取組みが珍しいとのことから、いまや・・・藍染観光業??!!

 

3年目の今年は、4月1日〜受け入れを開始したところ、

4月、5月、6月の1周目で100名を越えました!!!

 

膨大な染料を消費し、6月中旬にて早くも閉店措置を。

大量のお預かり品の染めに邁進するも。。。6月末に2020版の染料が底をつきました。

 

詳しくはこちら・・・↓↓↓

https://www.cnq.co.jp/伊方町体験プログラム利用促進事業に認定/

 

 

そして、2021年、今年の藍の収穫が進み、早めに染料を仕込んで、

今年はこれまででもっとも早く7月26日から青が出始めました👔🍃✨✨

 

もうじき、秋の再開をこのブログ上で宣言しようと思います。

 

春からの先行予約ですでに混んでいますが、春ほどの混乱にならないことを祈りつつ、

みなさまとの出会いをまた楽しみにしております。

 

 

 

 

0 コメント

しんぶん赤旗_康越の記事が紹介されています

しんぶん赤旗 2021年9月4日 掲載

「土曜 人とき」コーナーにて。

 

書家 康越の記事が紹介されています。どうぞご覧ください。

 

 

四国のローカルSDGsの取組みに掲載

ナチュラリストネットワークかがわ、四国生物多様性ネットワークの方々による取材でした。

ひとつの事柄に対しさまざまな面から掘り下げ、冷静かつ情熱的な文章は研究職の方々ならでは魅力的な表現でした。

 

佐田岬半島まで何度も足を運び、取材をしてくださった労力と熱意に、

改めて感謝を申し上げます。 

 

岬藍ファーム

日本農業新聞に掲載されました

日本農業新聞 2021年4月9日 付

 

岬藍(はなあい)ファームを佐田岬半島で開墾し始めたのは19年のこと。

当時、クワ、鎌、スコップだけでのスタートでした。

そんな私たちが、2年半で農業新聞に。。。

0 コメント